木造アパートならではのメリット

木造アパートとは?

鉄骨コンクリートで作られたRC造やSRC造よりも建物自体の強度は劣りますが、建材として使う木材は比較的安く入手できるのでコストを抑えながらアパートを建築することができます。
アパート経営を検討している人は、材料が手ごろな木材でアパートを建築し、アパート経営自体に慣れていくことをおすすめします。

木造アパートのメリットとは?


木造アパートは、木材でアパートを建築していくので材料費を抑えられるだけでなく、木材が本来持つ通気性の良さであったり、木造だからこそアパート完成までの工期を圧縮することができます。

 

 

メリット1:材料費など建築コストが安く抑えられる

木造アパートのメリットに材料費などの建築コストを他の素材に比べ抑えられることが挙げられます。
よりコストを抑えたい場合、建築にかかる費用を比較したうえで業者を選びましょう。

メリット2:通気性がよく結露ができにくい

木造アパートのメリットに通気性がよく結露ができにくいことが挙げられます。
鉄筋コンクリートの建物は木造より通気性が低いため建物が汚れたり劣化しやすいですが、木造は通気性が良いので結露ができにくく建物が劣化しづらいのも利点の1つです。
風が通りやすい場所に窓を設置することで、木材の良さを活かす建築をすることで、木材の良さをより引き立てることができます。

メリット3:家賃を安く設定できる

木造アパートのメリットに家賃を安く設定できることが挙げられます。
木造アパートは鉄筋やRC造の建物よりも建築コストを抑えられるので、入居者に安く貸し出すことができます。
建物を建ててから、いかに入居者の方に長く住んで頂けるか、空室期間を少なく出来るかが重要となるため、家賃を安く設定できるのは大きなメリットとなります。

メリット4:間取りが広い

木造アパートのメリットとして、間取りを広く取れることが挙げられます。
木造アパートは柱が細く、鉄筋の建物のように外壁や内壁を厚くする必要がないため、間取りを広くとることが出来ます。

メリット5:耐久性や耐震性の技術の進化

木造アパートを建築して得られるメリットに耐久性や耐震性の技術の進化があります。
近年は震災や自然災害が多く起きている背景もあり、木造建築の耐久性や耐震技術が進化しているため、低コストで合っても強度の高い建物を建てることができます。
建築の予算に合わせて耐久性、耐震性、耐熱性を備えた建材を選ぶことで、入居者の方が安心して暮らせる環境作りに繋がり、アピールポイントにもなります。

 

木造アパートを投資不動産として購入するメリット3つ

 

上記を踏まえたうえで、木造アパートを「投資不動産」として購入するメリットをご紹介します。

 

メリット1:物件の本体価格が安い

木造アパートを投資不動産として購入するメリットに物件の本体価格が安いことが挙げられます。
建材に木を使用しているため、建物自体の価格を抑えられるので物件を安く購入することができます。

メリット2:リノベーションできる

木造アパートを投資不動産として購入するメリットにリノベーションできることが挙げられます。
木造の建物の方がRC造の建物よりも加工がしやすく、工賃もかからないので、リノベーション費用を抑えることができます。
築年数に合わせて見た目だけでなく、部屋を機能的に修繕していくことで、空室率を下げることにもつながります。

メリット3:節税対策となる

アパートを投資不動産として購入するメリットに節税対策となることが挙げられます。
アパート経営は青色申告ができるため、控除額を受け取ることができたり、アパートを建築することで固定資産税を抑えることができます。

木造アパートには木造ならではの良さがある

木が持つ素材のぬくもりは鉄筋コンクリートにはない良さの1つです。
木材建築の良さを活かしていくためにも木が持つ特性を理解し、建材に木材を使うことでどのようなメリットやデメリットが生じるか把握しておきましょう。

木造アパート投資のメリット

  1. 木造アパートならではのメリット

    木造アパートとは? 鉄骨コンクリートで作られたRC造やSRC造よりも建物自体の強度は劣りますが、建材として使う…

木造アパート投資のメリット